nannokoto

酪酸菌ってナンのこと?

投稿日:2016年7月15日 更新日:

善玉菌の一種である酪酸菌(フィーカリバクテリウム[大便桿菌]や大便球菌などの酪酸産生菌)はブドウ糖と食物繊維から短鎖脂肪酸(酪酸)を作ります。

酪酸は大腸の粘膜を作り、悪玉菌が引き起こす腐敗や炎症によって弱った腸を癒す力を持っています。またからだ全体の「炎症やアレルギーなどを抑える免疫細胞を増やす働きがある」(*1)ことが発見され注目を浴びています。

「健康な大腸」に不可欠な物質ですが、胃や小腸でほとんど吸収されてしまうため、大腸内で酪酸を自家生成してくれる酪酸菌は重要な存在と言えます。

rakusankin

酪酸菌は善玉菌同士で共生するのが上手く、たとえば「乳酸菌といっしょにいると単独でいる場合より約10倍」(*2)も増殖することがわかっています。また「O157の増殖を乳酸菌と協力して抑制」(*2)します。さらに「ビフィズス菌の増殖」(*2)にも貢献しています。

 

酪酸菌をたくさん含む食物は?

酪酸菌を多く含む代表的な食物はnukadukeぬか漬けです。日本人は古くから酪酸菌を腸内に取り込んでいました。ごぼうや納豆などの水溶性食物繊維を多く持つ食物を併せて摂取することで酢酸菌の働きを応援。健康な腸を保ってきたのですね。じつは酪酸菌の産生する酪酸は大腸がんの発生を抑制する作用があります。日本人の食事が西洋化したことで「肉、加工肉の摂取が増え、大腸がんのリスクが高まっている」(*3)ことと無関係ではないようです。

▲出典:*1 理化学研究所プレスリリース *2 東亜薬品工業 *3 国立がん研究センター

kijisita_nannokoto

短鎖脂肪酸

 

【記事について】
●医師及び専門家の監修を受けたものではありません。信頼性および薬事法に関しては十分注意を払っておりますが、その点をご理解の上、お読みください。●一般に「Wikipedia」の出典は否定的に捉えられていますが「まとめてわかる!」では引用元が脚注により明記され、運営側から信頼性の疑義がかけられていない記述については、学術的な論文と同様に扱っています。●記載の情報は投稿時のものであり、現在は新しい事実が定説となっている場合があります。また効果を保証するものではありません。個人差があることをご了承ください。 
 icon-exclamation-triangle 「免責事項及び著作権」についてはこちらをご覧ください。

おススメ記事

eyecatch_benpi 1
なぜ便秘になるの?原因と対処法は

ウンチが出ない、オナラが溜まるだけではありません。便秘は腸内の悪玉菌を増殖させ、病気やお肌のトラブルなどを引き起こします。また思わぬ病が便秘の影に隠れているケースも。ここでは便秘のタイプやその原因、対 …

eyecatch_tsubodesukkiri 2
ツボでスッキリ!すぐできる便秘・下痢・オナラ対策

からだが冷えたり、ストレスによって自律神経が乱れると腸は硬直し、ぜん動運動が衰えてしまいます。それは便秘や下痢、ガス(オナラ)だまりの原因に。ここではツボを指圧することでからだと心の調子を整え、腸本来 …

title_kikenai740 3
オナラのかたまりがそこまできている。どうしたらいいの?

そのときの状況によってさまざまな対策法が考えられます。 恋人の部屋ならジュースやたばこ、エチケット用品など「買い忘れたものがあるのでそこのコンビニ(スーパー)まで行ってくる」と告げ部屋を出てしまうとよ …

-●●ってナンのこと?
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© まとめてわかる!みんなの「腸とウンチ」 | 教えて・健康・美容・悩み事 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.