腸内フローラは健康と美容のヒントがいっぱい

投稿日:2016年7月6日 更新日:

腸内細菌は腸内フローラと呼ばれ、その一部である善玉菌がヒトのカラダのさまざまな活動を支えています。ここでは腸内フローラの未来の可能性とそもそもの役割、あるべき腸内環境などについてご説明します。

腸内フローラで健康になるキレイになるための序章です。

 

chohnaiflora_gekijoh01

いのちの未来がつまった腸内フローラ

chounaiflora_wariai腸には約500~1000種類・100兆個(*1)の細菌(腸内細菌)が棲んでいると言われています。たとえば善玉菌というのを聞いたことがあると思います。これは一つの細菌を指すものではありません。ビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌などさまざまな善玉菌があり、腸内細菌の約20%を占めています。また悪玉菌や日和見菌と呼ばれるものもあり、それぞれ約10%、約70%の割合で棲息しています。

それらが小腸から大腸にかけてまるでお花畑のように群生している様子から腸内細菌は腸内フローラと呼ばれます。

この腸内フローラが世界中で注目されているのをご存じでしょうか。

海外ではヒトの持つ細菌全体をマイクロバイオームと呼び、ベンチャー企業などによりその研究が盛んに進められています。細菌のほとんどが腸内に棲むことからマイクロバイオーム研究は腸内フローラ研究と言ってもよいでしょう。

海外の最先端の現場では、すでに創薬の研究成果として糖尿病chohnaiflora-flowerの新薬(*2)などが開発されており、国内でも悪玉菌の活動を抑える経口薬(*3)や便通を改善する機能性表示食品、健康解析サービスなどの研究(*4)が進められています。

いま腸内フローラから、健やかないのちを育む未来が紐解かれようとしているのです。

出典:*1 明治ヨーグルトライブラリー *2 「腸内フローラ10の真実(NHKスペシャル取材班著)」主婦と生活社 *3 奈良先端科学技術大学院大学及び科学技術振興機構(JST)プレスリリース *4 BB BRIDGE

 

ヒトが生きていく上で不可欠な機能

氷点下の極地から熱波の砂漠まで、ヒトは地球上のさまざまな地域に暮らしの場を拡大してきました。その活力の源となっているのが腸内フローラであると考えられています。ヒトは外部の環境が変化しても、いのちが即座に脅かされないようつねに正常に保つ機能――ホメオスタシス(恒常性維持機能)――が働いています。たとえば脳の活動を維持し、体温を保ち、皮膚や筋肉を活かし続けるための生理機能や代謝機能の根本で腸内フローラが活躍しています。

腸内フローラは、そもそもヒトの生存と繁栄を担ってきた重要なカラダの機能というわけです。

 

腸内フローラを育てよう

chohnaiflora_drmatowaka腸内フローラには善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌が存在していることはすでに述べました。善玉、悪玉と言うと、悪玉をなくし善玉ばかりにすればいいと思いがちですが、じつはそうではありません。悪玉菌や日和見菌のなかにもヒトに有用な菌が存在し、それぞれがバランスよく生息していることが大事だということが最近の研究でわかってきました。

健康なヒトの場合、善玉菌と悪玉菌の比率は2対1です。しかしこの比率は一定ではありません。また腸内細菌の3割を占める善玉菌と悪玉菌の合計量はほぼ一定で、悪玉菌が増えると善玉菌がその分減る、あるいはその逆といった関係にあります。さらに日和見菌はどちらか優勢な方に加担して働きます。つまり悪玉菌が増え過ぎないように、つねに善玉菌が優勢な状態を維持することが重要なのです。

元気な腸内フローラは隙間なく菌が密生し、有害な物質が付着しないよう強力なバリアを形成しています。しかし体調を崩し、お花畑の一部がはがれた状態のまま放置しておいたりすると、腸内環境はみるみる悪化してしまいます。そしてその不調はカラダ全体へと影響を及ぼし、重大な疾病を招くことにつながりかねません。

善玉菌は乳酸や短鎖脂肪酸、ビタミンB群などを作り出します。乳酸は脳や筋肉の活動を支えるブドウ糖の原料であり、短鎖脂肪酸は肝臓や筋肉のエネルギー源として利用されます。ビタミンB群は脳やからだを活性化し、うるおい豊かな肌やつやのある美しい髪の毛、爪、歯などの維持に欠かせません。つまりひとの活力やキレイを支えているのが腸内フローラ(善玉菌)なんです。

善玉菌が活発に活動し、腸内フローラが隙間なく満開でchohnaiflora-humanあるように、それらをつねに守り育てることが大切です。では、私たちはそのために何ができるでしょう。「まとめてわかる!」では次の視点でその可能性を探ってみました。

 

 

 

たとえばこんな方法で
chohnaiflora_01shokuji
 

kijisita_nannokoto

善玉菌 悪玉菌 ビフィズス菌 乳酸菌 酪酸菌 短鎖脂肪酸 ビタミンB群
*内容が一部重複している場合があります

 

【記事について】
●医師及び専門家の監修を受けたものではありません。信頼性および薬事法に関しては十分注意を払っておりますが、その点をご理解の上、お読みください。●一般に「Wikipedia」の出典は否定的に捉えられていますが「まとめてわかる!」では引用元が脚注により明記され、運営側から信頼性の疑義がかけられていない記述については、学術的な論文と同様に扱っています。●記載の情報は投稿時のものであり、現在は新しい事実が定説となっている場合があります。また効果を保証するものではありません。個人差があることをご了承ください。 
 icon-exclamation-triangle 「免責事項及び著作権」についてはこちらをご覧ください。

おススメ記事

eyecatch_benpi 1
なぜ便秘になるの?原因と対処法は

ウンチが出ない、オナラが溜まるだけではありません。便秘は腸内の悪玉菌を増殖させ、病気やお肌のトラブルなどを引き起こします。また思わぬ病が便秘の影に隠れているケースも。ここでは便秘のタイプやその原因、対 …

eyecatch_tsubodesukkiri 2
ツボでスッキリ!すぐできる便秘・下痢・オナラ対策

からだが冷えたり、ストレスによって自律神経が乱れると腸は硬直し、ぜん動運動が衰えてしまいます。それは便秘や下痢、ガス(オナラ)だまりの原因に。ここではツボを指圧することでからだと心の調子を整え、腸本来 …

title_kikenai740 3
オナラのかたまりがそこまできている。どうしたらいいの?

そのときの状況によってさまざまな対策法が考えられます。 恋人の部屋ならジュースやたばこ、エチケット用品など「買い忘れたものがあるのでそこのコンビニ(スーパー)まで行ってくる」と告げ部屋を出てしまうとよ …

-「腸」アレコレ, 腸内フローラ
-, , , , , , ,

Copyright© まとめてわかる!みんなの「腸とウンチ」 | 教えて・健康・美容・悩み事 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.