title_kenko740

潰瘍性大腸炎に細胞移植で根治をめざす世界初の臨床研究が始まる

投稿日:2017年3月30日 更新日:

2017年3月29日NHK NEWS WEBからビッグニュースがもたらされました。難病とされる潰瘍性大腸炎を再生医療で完治する取り組みがいよいよ始まります。

ニュースによると

東京医科歯科大学のグループは、患者の大腸に粘膜の組織を作り出す「大腸上皮幹細胞」を移植し、傷ついた大腸の働きを再生させる世界初の臨床研究の計画を国の研究予算を統括する日本医療研究開発機構に提出
▲出典:NHK NEWS WEB

 

その治療法の仕組みは患者の「大腸上皮幹細胞」を取り出し、培養した後、患部に戻すというもの。すでにマウス実験では完治に成功しているということです。2018年春には第一例目の手術が行われる見込みです。

「大腸上皮幹細胞」とは大腸上皮をつくる細胞です。大腸上皮は大腸菅の表面に細かく突起しており消化管としての運動調節や水分・栄養吸収を担うものです。

GEヘルスケア・ジャパンのホームページによると

腸の上皮細胞は生まれ変わる速度が速い細胞で、1週間程度で次々と細胞が入れ替わります。ここで腸として機能する分化細胞を供給し続けているのが上皮幹細胞です。
▲出典:GEヘルスケア・ジャパン

 

東京医科歯科大学では独自にこの「大腸上皮幹細胞」の生体外培養の技術を開発しており、今回はその技術を応用したものと思われます。

東京医科歯科大学消化管先端治療学講座の中村哲也先生は、正常な大腸上皮細胞を生体外で培養する新技術を開発しました。さらに、この方法でただ1 個の幹細胞から増やした細胞群の移植により、傷害された大腸上皮が修復できることを示しました。
▲出典:GEヘルスケア・ジャパン

 

東京医科歯科大学は潰瘍性大腸炎治療の最前線にある機関なのですね。

ちなみに東京医科歯科大学医学部付属病院潰瘍性大腸炎・クローン病先端治療センターは「専門性ときめ細かさを両立させた治療」「からだに負担の少ない検査」「治りにくい患者さんの受け入れ」「日常生活・食事まで視野に」が特徴。2016年春の段階で、すでに1000名を超える新規紹介の患者さんを迎えているとのことです。

一度、ご相談に伺う価値がありそうですね。

 

 

【記事について】
●医師及び専門家の監修を受けたものではありません。信頼性および薬事法に関しては十分注意を払っておりますが、その点をご理解の上、お読みください。●一般に「Wikipedia」の出典は否定的に捉えられていますが「まとめてわかる!」では引用元が脚注により明記され、運営側から信頼性の疑義がかけられていない記述については、学術的な論文と同様に扱っています。●記載の情報は投稿時のものであり、現在は新しい事実が定説となっている場合があります。また効果を保証するものではありません。個人差があることをご了承ください。 
 icon-exclamation-triangle 「免責事項及び著作権」についてはこちらをご覧ください。

おススメ記事

eyecatch_benpi 1
なぜ便秘になるの?原因と対処法は

ウンチが出ない、オナラが溜まるだけではありません。便秘は腸内の悪玉菌を増殖させ、病気やお肌のトラブルなどを引き起こします。また思わぬ病が便秘の影に隠れているケースも。ここでは便秘のタイプやその原因、対 …

eyecatch_tsubodesukkiri 2
ツボでスッキリ!すぐできる便秘・下痢・オナラ対策

からだが冷えたり、ストレスによって自律神経が乱れると腸は硬直し、ぜん動運動が衰えてしまいます。それは便秘や下痢、ガス(オナラ)だまりの原因に。ここではツボを指圧することでからだと心の調子を整え、腸本来 …

title_kikenai740 3
オナラのかたまりがそこまできている。どうしたらいいの?

そのときの状況によってさまざまな対策法が考えられます。 恋人の部屋ならジュースやたばこ、エチケット用品など「買い忘れたものがあるのでそこのコンビニ(スーパー)まで行ってくる」と告げ部屋を出てしまうとよ …

-健康でいたい, 炎症性腸疾患
-, , , , , ,

Copyright© まとめてわかる!みんなの「腸とウンチ」 | 教えて・健康・美容・悩み事 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.