lactoferrin_eyecatch740

腸を育て、守るラクトフェリンがすごかった

更新日:

 

健康情報に耳をそばだてていると、よく「ラクトフェリン」という言葉を聞きませんか。調べてみたら、どうやら腸にとてもいい物質のようなんです。

 

lactoferrin_gekijoh

だ液や涙、粘膜液などで免疫力を発揮

maskラクトフェリンはだ液、涙、鼻汁、汗、胆汁、腸液、血液(白血球)、尿、体内の粘膜液などに含まれる免疫系の糖たんぱく質です。健康な成人は1日3gから5gを体内で合成し、細菌やウイルスから、からだを守っています。

たとえば「食べるときはよく噛んで」というのはだ液をたくさんだして、食物に付着した細菌やウイルスを撃退するための知恵だったんですね。涙や鼻汁が自然に出てくるのもからだが自分を守ろうと反応しているからなんです。

 

初めての母乳に驚くほど含まれている

ラクトフェリンは母乳に多く含まれていることが知られています。日本ラクトフェリン学会のホームページによると

ヒトの初乳(出産後5日目ごろまでの母乳)には100ml当たり約600mg、
常乳(出産後3週間以降の母乳)では約200mgのラクトフェリンが含まれています。

▲出典:日本ラクトフェリン学会

baby初乳は常乳の約3倍。産まれたばかりのヒトの赤ちゃんは外界に対する抵抗力が極めて弱いため、初乳で免疫を高める物質をたくさん供給してあげる必要があるんですね。

哺乳類の乳にはそもそもラクトフェリンが含まれており、熱処理される前の牛乳(生乳)にもあります。しかしその分量はヒトの母乳の10分の1にすぎません。

新生児の外出は1ヵ月程度は控えるべきといわれています。赤ちゃんにとって外気がいかに危険であり、ラクトフェリンを必要としているか、このことからもわかりますね。

 

スポンサーリンク

BABY葉酸

 

腸内フローラを元気にするラクトフェリン

flora_lactoferrinラクトフェリンは鉄と結合する抗酸化物質です。じつは多くの細菌が生育に鉄を必要としており、それを奪うことで抗菌作用を発揮しているのです。

それは腸内でも大活躍。悪玉菌の増殖に必要な鉄分を吸収し、繁殖を抑制します。腸内フローラの悪玉菌の減少は善玉菌の増加スペースを増やすことになります。ラクトフェリンはそれだけでなくビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の増殖を積極的に助ける働きもあるとされています。

ちなみに冬場になると猛威を振るうノロウイルスは腸内フローラに棲息する悪玉菌「エンテロバクター・クロアカ(Enterobacter cloacae)などによって生み出される組織血液型抗原によって感染が促進される」(*)という研究成果が発表されています。
▲出典:*ライフサイエンス新着論文レビュー (c) 2014 渡辺 真紀子 Licensed under CC 表示 2.1 日本

悪玉菌の活動を弱め、善玉菌を優勢しておくことの大切さがよくわかりますね。

またラクトフェリンは腸液の免疫力を高めるため腸管を強くします。その効果も手伝い、腸内フローラをさらに元気にしてくれるのです。このため便秘の解消にもよいといわれています。

産まれたばかりの赤ちゃんは無菌状態で腸内細菌も存在しません。しかしすぐに皮膚や体内の粘膜で細菌が繁殖しはじめ、お母さんの乳を飲むと急激に増加します。そして短期日で悪玉菌と善玉菌の勢力が入れ替わります。

生後3~4日目頃、ビフィズス菌が出現しはじめ、はじめに出現した大腸菌、腸球菌、クロストリジウムなどは徐々に減少し、5日目頃にはビフィズス菌が最優勢となり、新生児の腸内菌叢のバランスはほぼ安定する。

▲出典:大和薬品株式会社

冒頭でご紹介した初乳に含まれる高濃度のラクトフェリンが、この現象に大きく寄与していると思われます。ラクトフェリンは健康で強い腸になくてはならない存在なのですね。

 

さまざまな病気の予防に期待

doctorラクトフェリンは細胞を“サビ”させる活性酸素を取り除く作用を持っています。そのため肌の老化や血管、筋肉の衰えなどを予防するアンチエイジング効果が期待できます。中性脂肪やコレステロールを減少させ肥満を予防するほか、動脈硬化リスクを低減させるなどの効果も期待できます。

またさまざまな細胞と結合することで、C型肝炎ウイルス(HCV)やB型肝炎ウイルス(HBV)、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV)などのウイルス自体の複製を阻害する効果のほか、ノロウイルス、ロタウイルスが消化器官の表面の細胞に感染するのを防ぐ効果などが期待できます。
がんの発生や腫瘍の転移を抑制することも期待できます。

さらに腸で鉄分を吸収したラクトフェリンは、ヘモグロビンの増加を助け貧血を予防に役立ちます。骨の新陳代謝を促進し、カルシウムの定着率を高め、骨粗しょう症予防にも役立つとされています。

 

ラクトフェリンを摂取しよう

からだにいいことづくめのラクトフェリン。ぜひ積極的に摂取したいですね。

ただラクトフェリンは加熱や酸に弱い物質。前述のとおり生乳に少量含まれていますが、一般のご家庭で生乳を手に入れるのはとても困難です。だからといって市販の牛乳を飲んでも加熱殺菌されているためわずかな分量しか摂取できません。そこでサプリメントで腸に直接届けるプロバイオティクスがおススメです。酸に強いカプセルならば胃酸で溶けてしまうことなく腸にまで直接届けることが可能なので、腸内フローラの育成にも有効です。

 

 

 

kijisita_nannokoto

腸内フローラ 善玉菌 悪玉菌 ビフィズス菌 乳酸菌 プロバイオティクス

【記事について】
●医師及び専門家の監修を受けたものではありません。信頼性および薬事法に関しては十分注意を払っておりますが、その点をご理解の上、お読みください。●一般に「Wikipedia」の出典は否定的に捉えられていますが「まとめてわかる!」では引用元が脚注により明記され、運営側から信頼性の疑義がかけられていない記述については、学術的な論文と同様に扱っています。●記載の情報は投稿時のものであり、現在は新しい事実が定説となっている場合があります。また効果を保証するものではありません。個人差があることをご了承ください。 
 icon-exclamation-triangle 「免責事項及び著作権」についてはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

おススメ記事

eyecatch_benpi 1

ウンチが出ない、オナラが溜まるだけではありません。便秘は腸内 …

eyecatch_tsubodesukkiri 2

からだが冷えたり、ストレスによって自律神経が乱れると腸は硬直 …

title_kikenai740 3

そのときの状況によってさまざまな対策法が考えられます。 恋人 …

-「腸」アレコレ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© まとめてわかる!みんなの「腸とウンチ」 | 教えて・健康・美容・悩み事 , 2017 All Rights Reserved.