toushitsu_slowon

糖質を排除するのではなくじょうずにコントロールする糖質スローオン

更新日:

「脂肪を作り出す糖質は美容と健康の大敵!」とばかりに糖質を排除するダイエット法がブームとなりました。しかし、ヒトのいのちに不可欠な栄養素を一切摂らないのは、もともと無理な話。ここではもっと健康的に、もっと安全に肥満を防ぎ、さらに糖尿病のリスクも減らせる「糖質スローオン」という腸の活用方法をご説明します。

 

toushitsu_slowon_gekijoh

「糖質スローオン」でゆるやかに消化吸収

toushitsu_slowon_kaisetsu糖質で太るのは、摂り過ぎて余った糖が脂肪に変化するから。エネルギー源が常に潤沢で脂肪の燃焼につながらないからです。ならば適切な量の糖質を摂取しつつ、余らせないようにするためにはどうしたらよいのでしょう。

糖質を腸でゆるやかに吸収させる「糖質スローオン」という方法があります。

やり方はとってもかんたん。ごぼうや納豆、エシャロットなど水溶性食物繊維を多く含むものを摂取することです。水溶性食物繊維は小腸の中でゲル状のかたまりとなり食物を包み込む働きがあります。そのため腸による糖質の消化吸収速度を遅らせる効果があるわけです。これにより血糖値の急激な上昇をやわらげることができます。腸の中にいる時間が長いので腹持ちがよくなり、余分な糖質の摂取を防ぐこともできます。

また、くだものに含まれる果糖は砂糖に比べ吸収速度がゆるやかです。砂糖はすぐ吸収されるので血糖値が一気に上昇し、糖が余りがち。甘いものがほしくなったらくだもの、というのは脂肪を溜め込まないための理にかなった選択なんですね。

かたよった食事や暴飲暴食で血糖値の急上昇を繰り返していると、それを抑えるインシュリン(インスリン)を分泌するすい臓が疲れ、十分な量を供給できなくなります。そして慢性的に血糖値の高い状態が続く糖尿病へと発展します。「糖質スローオン」は肥満を抑えるだけでなく糖尿病予防の王道でもあるわけです。

 

スポンサーリンク

 

パラチノース配合の食品に注目

「糖質スローオン」を実践するにはパラチノース配合のお砂糖もおススメです。パラチノースは砂糖から作られる甘味料。自然界では蜂蜜にも少量含まれており、ブドウ糖と果糖を砂糖とは異なる形で結合させることで生産が可能となりました。その特徴は砂糖と同じ4kcal/gのエネルギーがあり、砂糖と同様に使用できること。またカラダへの吸収速度は砂糖の主成分であるショ糖の「5分の1」(*1)です。小腸でゆっくり吸収されるので血糖値が急に上がりにくいことが知られています。糖の供給が持続するため、間食したくなるのを防ぐ効果も期待できます。
▲出典:*1 日経トレンディネット

 

またパラチノースについては次の研究成果も報告されています。

生理学的、科学的に証明できる4つの有用性を明らかにすることができました。パラチノースは血管をいじめにくい膵臓を癒やす肥満を助長しにくい、そして胃の動きも止めて満腹感を少し強めるのではないか?というもの
▲出典:保健指導リソースガイド

血糖値が高くなると血液中の糖が凝固・付着し血管を痛めてしまいます。それは糖尿病の典型的な症状であり、毛細血管が詰まることで腎臓や網膜などに合併症が起こります。パラチノースの「血管をいじめにくい」という効果はその点、注目したいところです。

パラチノースは煮物料理や果実酒、コーヒーなどに砂糖の代わりに使用できます。チョコレート菓子や飲料などにもパラチノースが配合されているものが増えています。

腸での吸収速度をコントロールする「糖質スローオン」。スローライフの新しいカテゴリーと言えるかもしれませんね。

 

kijisita_nannokoto

糖質 水溶性食物繊維

【記事について】
●医師及び専門家の監修を受けたものではありません。信頼性および薬事法に関しては十分注意を払っておりますが、その点をご理解の上、お読みください。●一般に「Wikipedia」の出典は否定的に捉えられていますが「まとめてわかる!」では引用元が脚注により明記され、運営側から信頼性の疑義がかけられていない記述については、学術的な論文と同様に扱っています。●記載の情報は投稿時のものであり、現在は新しい事実が定説となっている場合があります。また効果を保証するものではありません。個人差があることをご了承ください。 
 icon-exclamation-triangle 「免責事項及び著作権」についてはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

おススメ記事

eyecatch_benpi 1

ウンチが出ない、オナラが溜まるだけではありません。便秘は腸内 …

eyecatch_tsubodesukkiri 2

からだが冷えたり、ストレスによって自律神経が乱れると腸は硬直 …

title_kikenai740 3

そのときの状況によってさまざまな対策法が考えられます。 恋人 …

-「腸」アレコレ, 糖質スローオン
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© まとめてわかる!みんなの「腸とウンチ」 | 教えて・健康・美容・悩み事 , 2017 All Rights Reserved.