title_kenko740

ビタミンが足りないと認知症やアルツハイマー病になりやすいの?

更新日:

大腸でも産みだされているビタミンB群に効果が

「国際オーソモレキュラー医学会ニュース」が興味深い研究を紹介しています。

栄養として抗酸化物質とビタミンB群を補給すると、認知症の予防に役立つことがわかっている。

アルツハイマー病の前兆である軽度認識障害がある人々の場合、アルツハイマー病の影響を受ける脳領域の萎縮率が、ビタミンB群によって約9倍低くなること、ならびに、記憶障害の速度も劇的に遅くなることが、すでに研究によってわかっている。

▲出典:国際オーソモレキュラー医学会ニュース http://www.iv-therapy.jp/omns/news/40.html

具体的にはビタミン12、ビタミンB6、葉酸が健康維持に役立つようです。

じつはこれらのビタミンB群(葉酸も含まれます)は善玉菌であるビフィズス菌によって大腸で作られているのをご存じですか。食物からの摂取だけでは足りないビタミンを補う力が自然に備わっているのですね。

では、認知症やアルツハイマー病を予防に役立つとされるビタミンB群を外部から摂取するには、どんな方法あるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

抗酸化物質とビタミンB群のプロバイオティクス

前述の研究で紹介された組み合わせです。今話題の抗酸化物質といえば「ラクトフェリン」。ビタミンB群を含むサプリメントといっしょに摂取するとよいようです。

 

乳酸菌によるプレバイオティクス

乳酸菌はビフィズス菌の繁殖を助ける善玉菌です。胃酸によってほとんどが死滅してしまいますが、生きていなくても大丈夫。腸でしっかり働いてくれます。また食後に摂取すれば胃酸の影響がやわらぎ生きて腸に届きやすくなります。乳酸菌の力を借りてビフィズス菌によるビタミンB群の産生を助けてあげましょう。たとえばこんな乳酸菌飲料はいかがですか。

 

ビタミンB群を多く含む食物を摂る

水に溶けやすく、さらに熱に弱いものもあるビタミンB群。何をどのように調理して食べるとよいでしょう。

「まとめてわかる!」ではビタミンB群のそれぞれの働きやたくさん含む食物などを記事にまとめています。ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

ビフィズス菌が大腸で生みだすビタミンに注目

kijisita_nannokoto

腸内フローラ 善玉菌 乳酸菌 プロバイオティクス/プレバイオティクス ラクトフェリン

【記事について】
●医師及び専門家の監修を受けたものではありません。信頼性および薬事法に関しては十分注意を払っておりますが、その点をご理解の上、お読みください。●一般に「Wikipedia」の出典は否定的に捉えられていますが「まとめてわかる!」では引用元が脚注により明記され、運営側から信頼性の疑義がかけられていない記述については、学術的な論文と同様に扱っています。●記載の情報は投稿時のものであり、現在は新しい事実が定説となっている場合があります。また効果を保証するものではありません。個人差があることをご了承ください。 
 icon-exclamation-triangle 「免責事項及び著作権」についてはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

おススメ記事

eyecatch_benpi 1

ウンチが出ない、オナラが溜まるだけではありません。便秘は腸内 …

eyecatch_tsubodesukkiri 2

からだが冷えたり、ストレスによって自律神経が乱れると腸は硬直 …

title_kikenai740 3

そのときの状況によってさまざまな対策法が考えられます。 恋人 …

-アルツハイマー, 健康でいたい
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© まとめてわかる!みんなの「腸とウンチ」 | 教えて・健康・美容・悩み事 , 2017 All Rights Reserved.